人気ブログランキング |

それにしてもココも寂しくなりましたな...(+・´д`・)


by nagasita2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

連続更新中!


 はい,★+☆彡+はろぉ━━(*・∀・)ノ━━ぉ+★+☆彡





今日はサザエsの小説ネットで拾ってきたんでコピペで載せます(●´・ω・)八(・ω・´◎)*━☆чёдн☆━*





サザエさん殺人事件

 CAST
       カツオ
       ワカメ
       タラオ 
       ナカジマ

 

 タラオがやってくる。

タラオ  こんにちは、タラちゃんでちゅ。あっ、いかんいかん。また『でちゅ』って言
      っちゃったでちゅ。あっ、また……。(咳払い)今日、ママが……いや、母さんが
      殺されました。そして殺人容疑で捕まったのは……。僕は刑事だ。公私を混同し
      てはいけない。だけどまさか……ワカメお姉ちゃんが犯人だなんて。

 カツオとナカジマがやってくる。
 ナカジマはファイルを持っている。

カツオ  フグタ刑事、容疑者の取り調べを行う。ここに呼んでくれ。

タラオ  警部、せめて鑑識の結果が出るまで待っていただけませんか?

カツオ  その必要はない。(ナカジマに)おい。

ナカジマ はい。(ファイルを手にして)被害者の名前はフグタサザエ。死亡推定時刻は6
      時27分。殺害の容疑者は、被害者の実の妹であるイソノワカメ。以上です。

カツオ  フグタ刑事、君の母親が殺され、しかも君の叔母がその容疑に掛けられているの
      は、上司の俺としても心苦しい。だがこれは仕事で、お前は刑事なんだ。わかる
      な?

タラオ  ですが、刑事である前に私も一人の人間です。

カツオ  フグタ刑事!

タラオ  ……わかりました。容疑者を呼んでまいります。(サングラスをかける)

ナカジマ それは?

タラオ  自分を甥だと知られたくないんです。(カツオに)よろしいでしょうか?

カツオ  かまわん。

 タラオが去る。

ナカジマ (カツオをじっとみつめて)……。

カツオ  なんだ、俺の顔になにかついてるか?

ナカジマ いや、だけど……。

カツオ  わかってる、何も言うな。

 タラオ、ワカメ、やってくる。

カツオ  そこに座れ。

ワカメ  ……。(座る)

カツオ  さて、どうやって殺したんだ?

タラオ  警部!

ナカジマ 黙ってろ。

カツオ  今、被害者を鑑識にかけているが、身体の外的な損傷は見受けられなかったら
      しい。毒を使ったのか、もしくは。

ワカメ  私はやってません。

カツオ  お前には動機がある。お前は姉であるフグタサザエに1000万の借金があった。
      間違いないな?

ワカメ  ……。

カツオ  答えろ!

ワカメ  はい。

タラオ  そんな大金、なぜ?

ワカメ  男よ。男に貢いだのよ!

タラオ  男に1000万も?

ワカメ  だって、あの人にみつめられたら、嫌とは言えないじゃない。

カツオ  相手は誰だ?

ワカメ  三河屋さんよ。

カツオ  なんだって!

ワカメ  なんでそんなにムキになってるのよ?

カツオ  奴は……酒屋なんだぞ、しかも今は店舗拡大して魚屋まで経営してる。

ワカメ  それがどうかした?

カツオ  まだわからないのか? 奴は……天敵なんだぞ。

タラオ  警部、それ以上は。

ナカジマ そういえば聞いたことがある。イソノ家とフグタ家の天敵、それは、漁師と魚屋と
      寿司屋……。

カツオ  とにかく、お前は動機もはっきりしてる。アリバイもない。お前がやったはずだ。い
      や、お前がやったんだ!

ワカメ  金に困ったからって、人を殺したりしません。

カツオ  どうせ姉の保険金が目当てだったんだろう。

ワカメ  その金をまた男に貢ぐとでも思ってるんですか? ばかばかしい。

カツオ  いい加減にしろ! そうやっていつまでもしらばっくれてると、俺もチョキンと
     切れるぞ!

ナカジマ 警部、ブチッと切れてください。

カツオ  うるさい! おい、お前、俺に注文するのか?

ナカジマ いえ、そんなつもりは。

カツオ  だったら黙ってろ! 工業高校出身のくせに。

タラオ  警部、工業高校を卒業していることが、そんなに恥なんですか?

カツオ  フグタ刑事、そういえばお前も。

タラオ  先輩と同じ電気科卒業です。

カツオ  できん科だろ?

ナカジマ 電気科です!

タラオ  だいたい普通科ってのはなんなんですか? 辞書で調べると反対語は『異常』な
      んですよ。じゃあ普通科じゃない我々は異常だっていうことになるんですか?

ナカジマ そうだよ、だいたい、普通科を卒業したバカが今の日本を異常にしてるんじゃな
      いか。どうして工業高校の我々がバカ扱いされるんだ?

タラオ  そうですよね、先輩。勉強しか出来ないバカが大蔵省に守られて日本をダメにし
      てるんですよ。いい迷惑ですよね。

ナカジマ いい迷惑だよな!

カツオ  うるさい! お前らの仕事はなんだっ!

ナカ・タラ 刑事です。

カツオ  だったら刑事らしくしろ!

ナカ・タラ はい。

カツオ  お前らまじめにやるきあるのか? いいか。俺が刑事になって14年、あ
     と6年で20年だ。14年前は、そう、私が刑事になった年で、14
     年後にあたるのが、今年というわけだ。

ナカ・タラ すいません。

カツオ  わかればいいんだ。だいたい、今は取り調べをやってるんだ。お前らの出身なん
      かは関係ない。

ナカ・タラ ……。(納得いかない)

ワカメ  ……終った?

カツオ  お前が言うなぁ! (ワカメを殴る)

タラオ  警部!

カツオ  だいたいお前がさっさと白状しないから悪いんだ!

ナカジマ 警部、もうやめてください。

カツオ  なにぃ。

タラオ  警部……やめてください。

ナカジマ こんなことをするの、警部らしくありませんよ。

カツオ  どうしたんだ、お前ら?

タラオ  警部、人間にとって一番大切なものってなんだと思いますか?

カツオ  ……。

タラオ  心ですよ。

ナカジマ 人を思いやる心。

タラオ  素直な心。

ナカジマ 勇敢な心。

タラオ  なにがあってもくじけない心。

ナカジマ 信じる心。

タラオ  優しくなれる心。

ナカジマ 夢を見る心。

タラオ  人を思いやる心。

ナカジマ それさっき俺が言ったよ。

タラオ  え? えっと……それじゃあ……信じる心。

ナカジマ それはさっきお前が言っただろ!

タラオ  ええ? じゃあ……えっと……。

カツオ  もういいお前ら。お前らの言いたいことはわかった。すまなかった。俺としたこ
      とが、少し熱くなりすぎたようだな。 (ワカメに)大丈夫か?

ワカメ  ……。(頷く)

カツオ  悪かったな、お前ら。

タラオ  あ……あの頃の警部が……。

ナカジマ あの頃の警部が帰ってきた!

カツオ  ただいまー!

タラオ  今、何時だと思ってるんだー! (抱きつく)

ナカジマ 警部! (抱きつく)

カツオ  バカ、よさねぇか。

ワカメ  ……終った?

カツオ  その態度がっ……(ため息)まあいい。話を戻そう。フグタサザエは離婚して一人
      暮らしをしていた。(ナカジマに)おい、そうだったな?

ナカジマ はい。

カツオ  結婚していた時に息子が一人いたそうだが、その息子の行方は知っているの
      か?

ワカメ  いえ、離婚した時に行方知れずになりました。

カツオ  (タラオを見て)……そうか。離婚の原因を知っているか?

ワカメ  言わなきゃダメですか?

カツオ  聞かせてもらおう。

ワカメ  姉さん……ジャンケンが強すぎたんです。

ナカジマ はぁ?

カツオ  そうだったのか。

ワカメ  それと、美容院に行っても髪型が変わらないのが、お金の無駄
    に思えたたらしいのも原因かもしれません。

カツオ  ……もおいい。まあ、それはとりあえず置いといて、よっこらせっと。

ワカメ  刑事さん、いい加減にしてくれませんか。何もやってない私がどうしてこんな所で
      取り調べをうけなきゃならないんです?

カツオ  お前に殺人の容疑がかかってるからだ。

ワカメ  ホントに私がやったと思ってるの?

カツオ  ……し、仕方ないじゃねぇか。これが仕事なんだから。

ナカジマ 警部、さっき『お前がやったんだ』とか断言してたじゃないですか?

カツオ  そ、それは……。

ワカメ  わかってるの? 何も考えずに納得できないことをやり続ければ、
    とりあえずの平穏は手に入れることが出来るかもしれないけど、結
    局、その歪みのツケはやっぱり誰かが払わなければならないの。
    たいがい納得できないことでもやり続けられる人間って、そういう
    ツケが自分にこなければいいって思う人で、自分より弱い誰かに、
    つまり今の状況で言えば弱い立場にいるのはこの私ね。その自
    分より弱い人間にそのツケを押しつけようとするの。それってただ
    のワガママなんじゃないかしら?

3人   …………。

ナカジマ 警部、ご自分の非を認めたらどうですか?

タラオ  今の状況では、あっち(ワカメ)に正義があります。

カツオ  お前ら、俺の味方じゃないのか?

ナカジマ いいえ、我々は。

ナカ・タラ 正義の味方です。

カツオ  裏切り者!

ワカメ  さて、警部さん、状況が反転しましたね。

カツオ  くっそ~、3対1とは卑怯だぞ。

ワカメ  人のことは言えないと思いますが。

カツオ  これで勝ったと思うなよ。この扉の向こうにはな、50人を超える警官が待機してい
      るんだ。お前ら3人ぐらい、もうチョチョイのチョイでコテンパンにしてやることだっ
      て出来るんだからな。

タラオ  今日は他の事件で私たち以外はみんな出てますよ。

カツオ  ……。

ワカメ  言ってて虚しくないですか?

カツオ  ……おい、お前ら、明日の昼飯、ラーメンおごってやる。

ナカジマ (喜んで)ラーメン! ……買収するつもりですね。

カツオ  わかった、カツ丼にしよう。

タラオ  食い物で我々の心が動かされるとでも。

カツオ  ようし、ウナ重にしてやる。

ナカ・タラ 我々のことは犬とお呼びください。

ワカメ  ちょ、ちょっと!

カツオ  これで形勢は一気に逆転だな。

ワカメ  あなたたち、ホントにそれでいいの? こんな無能な上司の命令に従って
    たら、将来はきっと暗いわよぉ。

カツオ  無能とはなんだ!

ナカジマ そうだ、いくら本当のことでも言っていいことと悪いことがある!

カツオ  おい!

タラオ  間違ってもらっては困る。我々は警部のカリスマに従っているの
    ではない。ウナ重というエサにつられているだけだ!

ナカジマ そうだ!

カツオ  威張って言うな!

ワカメ  男ってみんなそう。人生に波風立てないの。平々凡々な生活を望んでいるのよ
      ね。あ~、やだやだ。

ナカジマ 残念ですが、ウナギの皮で縛られた我々の結束は、鋼鉄よりも強固です。

カツオ  そ、そうなのか?

タラオ  もちろんでちゅ。

ナカジマ 警部、なんでもお申しつけください。

ワカメ  ちょ、ちょっと待って! (タラオに)今、何て言ったの?

タラオ  ……!

 内線が鳴る。

ナカジマ (内線をとって)はい、取調べ室。……わかった。(カツオに)警部、ちょっと失礼
      します。

 ナカジマが去る。

ワカメ  今……なんて言ったの?

タラオ  ……も……もちろん……でちゅ。

ワカメ  まさか……タラちゃん?

タラオ  ……。(諦めてサングラスを取る)

ワカメ  やっぱり……。タラちゃん、あなたも私を疑ってるの?

タラオ  ……これは仕事でちゅ。公私混同は出来ないでちゅ。

ワカメ  タラちゃん……。

 ナカジマが戻ってくる。手には、電話と書類。

ナカジマ 警部、お電話です。

カツオ  わかった。(電話を受け取ろうとする)

ナカジマ (渡さずに)あ、ですから、これがお電話です。

カツオ  なにを言ってるんだ。

ナカジマ 私にはよくわからないメカではありますが、遠くにいる人と話が
     できるメカであります。

カツオ  ……。

ナカジマ それでは……。(去ろうとする)

カツオ  ちょっと待て! 俺に電話なんだろ、早く貸せ!

ナカジマ いえ、これは軽い冗談です。実は鑑識の結果が出ました。

カツオ  本当か!

ナカジマ はい。鑑識のイクラからの書類です。

タラオ  イクラ?

ワカメ  イクラってまさか……。

カツオ  これで、お前がやったかやってないかがわかる。(余裕を持って書類を開く)……
      (唖然)……。

ナカジマ どうしたんですか、警部、早く読んでください。

ワカメ  私がやってないって書いてあるんでしょ?

カツオ  いや……。

ナカジマ だったら。

カツオ  わかった。読むぞ。……『ハーイ、バブー、バブー、ハーイ、バブー』

ワカメ  は?

ナカジマ なんですか、それ?

カツオ  鑑識の結果だ。

タラオ  イクラちゃん……。そんなことって……でも、まさか……。

カツオ  お前、意味がわかったのか!

タラオ  ……はい。

ワカメ  さすがタラちゃん。

ナカジマ で、何て書いてあったんだ?

タラオ  (カツオの耳にささやく)…………。

カツオ  ほ、本当か……!

タラオ  (頷く)

ワカメ  なんて書いてあったの?

 間。

カツオ  ワカメ、帰っていいぞ。 (帰ろうとする)

ワカメ  ちょっとまってよ、お兄ちゃん。

ナカジマ イソノ、どういうことか説明しろよ。

カツオ  うるさい! ワカメは無実だ。帰るぞ、ナカジマ。

ナカジマ イソノ!

カツオ  明日は野球の試合だ。ナカジマ、遅れんなよ!

 カツオ、去る。

タラオ  カツオ兄ちゃん!

ナカジマ 待てよ、イソノ!

 ナカジマ、去る。
 呆然と見送るワカメ。そしてタラオ。

ワカメ  タラちゃん、どういうこと?

タラオ  自殺だったんでちゅ。

ワカメ  え……?

タラオ  んが、んぐ。

ワカメ  ……まさか!

タラオ  喉を詰まらせて、窒息死だそうでちゅ。

ワカメ  ……お姉ちゃーん!

タラオ  ママーっ!

by nagasita2000 | 2006-04-17 18:14 | 【ネタ雑談】